アイマス ss p 辞める。 アイマスSSまとめ:P「例えば僕が死んだら、そっと忘れて欲しい」

[mixi]【アイマス・SS】P「アイドル達に何も言わ

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

😝 』 真『…………』 スッ 社長『…………菊地くん……?』 真『なんで……』 真『なんで、ですか……?』 真『……じゃあ、結局、結局ボクは…………何も』 真『何も……何も……』 真『…………何も………………』 社長『……菊地くん……』 真『ボク…………何も……』 真『何も……できなかった……何も返せなかった……』 社長『…………?』 真『……プロデューサーは……プロデューサーは』 真『ボクの…………ボクのわがままを……叶えてくれたのに…………』 真『結局……ボクは……何も返せないまま……! P「……はい。

9

[mixi]【アイマス・SS】P「アイドル達に何も言わ

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

✆ ほら、あずささんをお迎え行ってください」 P「あ、ああ」 律子「あー、でも」 P「ん?」 律子「いつかは貴方を超えて見せます。 うん……ごめん……ごめん……!」 響「ん!わかればいいんだぞ!」 社長「アイタタタ!ひ、響くぅーん」 響「ん?どうしたの社長?」 社長「ハム蔵くんをなんとかしてくれたまえよぉ」 ハム蔵「ヂューッ! あー、言っちゃおうかなー」 凛「そんな事言われたら余計気になるじゃん。 あっ、もしかして乗り過ごした?」 ちひろ「まあ、二人揃って乗り過ごしました、二人とも知らない場所まで来てしまって帰り方も電車しかわからず、その電車も次は2時間後、暇だから駅のベンチで話をしてたんですよ」 P「なんでかは忘れたけど結婚の話になってなー、二人とも実感ないし、2X歳になって、独り身だったら結婚してやるよ!って言ったら」 未央「あ!最近ちひろさんの誕生日だった?」 ちひろ「そうですね」 P「まあ、いつもみたいに飲み会にしようとしたらゆっくり飲みたいと言っていたからみんなに黙って予約して黙って二人で行ったんだ、そこで二人とも思い出して、次の日役所行った」 未央「はやっ!」 P「お互いに危機感はあったからなあ、きっかけがないと結婚出来ないし、まあ、安心しろよ、産休育休とっても担当は辞めないから」 卯月「よかったぁ!私たちアイドル続けられるんですね!」 まゆ「. 永遠の憧れを手に入れるなら。

9

【アイマスSS】P「みんなが俺を無視する」

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

🐝 14 :YAqyhdYeO P「それは流石に無理かなぁ」 茄子「いきなりおうちにお邪魔するのは幾ら何でもダメですよね。 そういうのいいですから、もうすぐ智絵里ちゃんが来ますよ」 P「これはそんな簡単に終わらせれるような問題じゃないですよ!?」 智絵里「お、おはようございます」ガチャ P「智絵里ーーーーーー!」 智絵里「きゃあっ!」チョップ P「ぐぼあっ!?」 智絵里「ぷ、プロデューサーさんっ!そういうのやめて下さいっ!私っ、そういうの嫌ですから」 P「へ?」 智絵里「あと、これからは名前じゃなくて苗字で呼んでください。

5

【アイマス】社長「ドッキリをしようと思う」 P・涼「・・・・は??」【ジュピターSS】

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

💢 俺は大丈夫だからさ」 智絵里「で、でも……」 P「というか、何でお前たちは揃いも揃って包丁なんて物を持っているんだ?」 智絵里「えっと…………自衛のため?」 P「何で疑問形なんだよ……。

16

【アイマスSS】P「みんなが俺を無視する」

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

⚛ 可愛い連呼する中学生、いつもナイアガラしてる大人、鬼畜和菓子のKBYDの3人。 美波は何もしなくてもエロいのに……) P(風呂上がりだと!!) 美波母(見てる見てる。 美城常務「いや、今日はそのことで来たわけではない、P、結婚祝いだ、受け取りたまえ」 P「え?ああああ、ありがとうございます」 =アイドル達= 未央 その時、空気が、凍った、今現在のこの場のみんなの反応を見てみよう、まずしぶりん、これは思考がまとまってない顔ですね、あとが怖いけど保留、次しまむー、驚いてるけど、普通に祝福する感じですね、いいよ、やっぱりしまむーは天使だ、最後にまゆさん. 添い寝の練習なんて・・・ふざけているんですか!!」 亜里沙「・・・ごめんなさい。

18

[B! アイマス] P「新Pに皆懐いてしまった……」 : アイマス SS

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

😋 」ニコッ 未央「やめよう、しぶりん、付き合いの長さとかもう負けてるし、完全に大敗だよ」 P「お前ら元気だなぁ、とりあえず、明日もレッスンあるから早く帰れ帰れー」 凛「待ってプロデューサー納得いかな 未央「さあさあ、あとは若い二人に任せまして私らは帰りますよしぶりん、しまむーも手伝って!」卯月「はい!」 まゆ「お幸せにー」ノシ P「おまえら、出てきていいぞ」 みく「Pちゃんいつの間に入籍してたのかにゃ?」 李衣菜「みんなに思い立ったら即行動ってロックだよね!」 P「お前らいい加減に美城常務に慣れろよな」 みく「そんなことより驚くべきことがあったはずにゃ」 李衣菜「. 1 メタ情報• 」ポロポロ 雪歩「ま、真ちゃん!ご、ご、ごめんねっ!ごめんねぇっ!」アワアワ 真美「うあ……すごい泣いてる……」 貴音「無理もありませんね……」 社長「菊地くん!ドッキリだよドッキリ!どっきどっきりーん!まっこまっこりーん!しゃっちょしゃっちょりーん! もう気にしてないからさ」 P「そういえば幸子は?」キョロキョロ 幸子「」シロメ P「幸子おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」ダキッ P「幸子!大丈夫か!?」 幸子「…………ほえ?プロデューサーさん?」 幸子「……ヒグッ…………う、うわああああああん、ごめんなざああああああああい」 P「よしよし、何があったか知らんがもう包丁なんて持ち出すなよ?」 幸子「だってプロデューサーさんが……ヤンデレが好きって…………」 P「は?」 ……………… ………… …… P「ハハハッ、それは資料作りでたまたま調べてただけだよ」 P「おれ自身としてはおしとやかな女性が好きだけどな〜」 まゆ「……」ピクッ 智絵里「……」ピクッ 幸子「……」ピクッ 事務所前 紗枝「……………………ふーん」ニヤッ 無理矢理だけどおわれ. 今日は良い天気ですねー?…それじゃ会話続かないよな」 P「まぁ似たような職場に勤めてるわけだし、なんとかなるだろ」 P「こんなことならもっ765プロのプロデューサーと会話しておけばよかったかなぁ」 P「すーはー、落ち着け俺。 57 ID:8xJ4vhxl0 P「……何時も足ばっかり引っ張ってたもんな……嫌気が差したよな……邪魔だよな……?」 律子「ち……ちがっ……」 P「……ごめん」 プロデューサーはそう言うと踵を返し、逃げるように事務所から出て行ってしまう。 」ギリィ 未央 あ、しぶりん思考がまとまって、まゆさんの方見た まゆ「. P「美希!駅前におにぎり屋さんが出来たんだ、一緒に買いに行かないか?」 美希「なんでまだいるの?」 P「はうっ・・・」 P(なんだみんなのこの氷のような表情は・・・俺がなにしたっていうんだ!誰か助けてくれ!!) ガチャッ 千早「おはようございます」 P「ちひゃー!みんなが虐めるよー助けてー!」 千早「はい?」 律子「事務所を辞めてあずささんにプロポーズしたけどフラれた元プロデューサーが何か言ってるけど無視していいから」 千早「・・・へぇ」 P「千早は俺のこといぢめないよな!?」 千早「ここはアイドル事務所です。

14

アイマスSSまとめ:P「例えば僕が死んだら、そっと忘れて欲しい」

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

😈 あれ?すっごい驚いてる、え?まさか、まゆさんでもなければ、まゆさんが気が付かない人?マジ?え?怖いんだけど 凛「. 小鳥「ぷ、プロデューサーさん!」 律子「待って!」 プロデューサーを追いかける律子。 アイドルにも引けを取らないくらいのスタイルでしたよ」 ちひろ「噂では一時期アイドル活動もしていた様ですしね」 P「気の回る方ですし、話してて楽しかったです。

アイマスSSまとめ:モバP「もう訪問の時期か……」

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

😇 でもね、ステージに立ってキラキラして、ファンの皆とライブとかで盛り上がったり、テレビに出て、皆に笑ってみてもらうの、すっごい楽しいなって思うの。

【アイマス】社長「ドッキリをしようと思う」 P・涼「・・・・は??」【ジュピターSS】

辞める アイマス ss p 辞める アイマス ss p

🤜 』 社長『…………』 真『あ……社長。 俺はみんなが警察に捕まる方が悲しいからもう持つなよ」 智絵里「ごめんなさい……」 P「ところで、まゆもそろそろ離れてくれないか?」 まゆ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」 P「はいはい。

18