山健 組 解散。 神戸山口組崩壊、山健組に続き、黒誠会、正木組、池田組離脱!絆會が動き始めた?六代目山口組は?

関東の山健組が壊滅状態に。

組 解散 山健 組 解散 山健

🐝 「今は六代目山口組といえど、余裕のある状況ではないはず。 原重明(三代目今倉組)• 来歴 [ ] を源流としている。 相談役 - 宮崎 洋明• 、橋本と前舎弟頭の相談役・会長が本家直参へ昇格し、橋本は山口組若頭補佐に就任した。

14

五代目山健組が與若頭ら「神戸残留派」を一斉処分し、離脱が決定的に…対する神戸山口組の対応は?

組 解散 山健 組 解散 山健

☝ 小島=若中・小島慎也(小島会会長) といった組と面々を指しているのではないかと推測できます。

8

「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”|日刊ゲンダイDIGITAL

組 解散 山健 組 解散 山健

✆ 笹川啓三(二代目鷲坂組組長)• 元満志郎(二代目安倍組組長)• 井上邦雄組長 の直系組長が、また1人、組織を去ることになった。 六代目山口組の絶対的な司令塔といわれる髙山清司若頭は、こういった際、組員の減少などには目もくれず、たとえ相手が実力のある親分であっても、組織の規律を最優先し、後に「粛清」とすらいわれる厳しい処分を下してきた。 牟田秀次郎(牟田一家総長)• 書状は、神戸山口組が中田を「除籍」処分にしたことを業界に通知する内容だが、中田の側も、すでに8月付で「御挨拶」と題する書状を出し、独立を宣言していた。

9

六代目山口組を離脱した三次団体

組 解散 山健 組 解散 山健

⚓ 若中-兼子 誠 二代目神誠会会長• 四代目山健組若頭補佐に就任した。 神戸山口組内の山健組の組長を空席にしているのは中田に復帰の意志があれば、除籍処分を取り消して神戸山口組に迎え入れる意思があるとも受け取れる。

10

神戸山口組の重鎮組長が突如引退、組解散…六代目山口組からの圧力か、カムフラージュか

組 解散 山健 組 解散 山健

😃 文中の「岡山池田」は、岡山県に本部がある神戸山口組系の2次団体・池田組を意味していると思われます。 六代目体制下にあっても山口組の最大派閥であり執行部メンバーも輩出しているが、同体制の司忍組長、高山清司若頭がともに出身であることから、山口組内では弘道会の発言力が増してきていた。 今日の絆会の会合は山健組とは関係がなく、 絆会解散は保留• 1989年12月、中谷組の解散に伴い、五代目山口組に参画した。

10

山健組

組 解散 山健 組 解散 山健

☭ その噂とは、太田組長が引退、そして太田興業が解散するというものであった。 同課は認否を明らかにしていない。