グザヴィエ ドラン。 グザヴィエ・ドランが監督・出演のオススメ映画15選|マミー・たかが世界の終わりなど

グザヴィエ・ドラン、感性に語りかける作品で世界中を魅了

ドラン グザヴィエ ドラン グザヴィエ

🚀 これは『 ジョン・F・ドノヴァンの死と生』にも通ずることでもある。 Home is where it hurts Camille 3. 母親はフィギュアにすぎない」. どうやら僕は自作の中で、自分の気持ちを明かさずにはいられない性質なんだ。 目黒シネマでグザヴィエ・ドラン監督の(胸騒ぎの恋人)と(私はロランス)を見ました。

グザヴィエ・ドラン

ドラン グザヴィエ ドラン グザヴィエ

🐲 これはこれまで彼が監督した6作品にも共通することだが、彼の映画は自分自身の中にある非常にパーソナルな題材を取り扱っている。

8

グザヴィエ・ドラン、現役男子高校生の「ある行動」で時代の変化を感じて感激

ドラン グザヴィエ ドラン グザヴィエ

😃 それは『タイタニック』に魅せられ、人生を変えられたグザヴィエ・ドランだからこそ、 ハリウッド映画への一つの感謝の形なのだろう。 それってごく当たり前のことだよね。 ペースを調整して健康的に、でも作家としては必死になって作るって感じにね。

4

グザヴィエ・ドランが新作の“もっともこだわった”キスシーンを解説

ドラン グザヴィエ ドラン グザヴィエ

🤩 この設定はどのようにして生まれたのでしょうか? 監督1作目の『マイ・マザー』の撮影のときのことだった。

6

グザヴィエ・ドラン、初のドラマ作品で監督・脚本・製作・出演 ─ 多ジャンル融合のスリラー作に

ドラン グザヴィエ ドラン グザヴィエ

☕ 以前はホラーとアメコミ以外なら何でも観ていましたが、ここ数年でなぜかどちらも開眼!特に好きなジャンルはアクションとサスペンス。 わずか10分程の映像だが、そこでは彼の映像技法の凄さが十分に伝えられていた。 そんな芸能界での偽りの人生を余儀なくされているのが今作の主人公だ。

1

グザヴィエ・ドラン、感性に語りかける作品で世界中を魅了

ドラン グザヴィエ ドラン グザヴィエ

👇 」 これは『』に先駆けて公開されたミニドキュメンタリー『グザヴィエ・ドランのスタイル』の冒頭のセリフだ。 (オフィシャル・インタビューより) グザヴィエ・ドラン プロフィール 1989年、カナダ、モントリオール生まれ。 今作は処女作ということもあり、粗削りなところも見受けられる。

8