タツタ 環境 分析 センター。 品質・環境方針

株式会社タツタ環境分析センター(大阪府東大阪市)の企業情報詳細

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

💅 1951年(昭和26年)12月 - 株式会社第二久保田鉄工と大阪府若江村に工場売買契約締結(若江工場と呼称、現 大阪工場)• 1952年(昭和27年)7月 - 高井田工場設備を若江工場(現 大阪工場)に移転開始• 1975年(昭和50年)3月26日 - 大東資材株式会社設立• 広島支店 - 大手町2丁目8番5号(合人社広島大手町ビル6階)• 1948年(昭和23年)7月21日 - 商号を タツタ電線株式会社に変更• 福岡支店 - 1丁目13番8号(九電不動産ビル)• 1953年(昭和28年)6月 - 丸豊電線株式会社に資本参加• 1972年(昭和47年)9月12日 - 殿下、河内工場見学• 2018年(平成30年)6月 - 筆頭株主のJXTGホールディングスが、保有株式を同社の子会社であるに譲渡• 1956年(昭和31年)8月 - 船用電線量産体制確立• 2012年(平成24年)11月 - マレーシアに、TATSUTA ELECTRONIC MATERIALS MALAYSIA SDN. 1984年(昭和59年)4月 - ケーブルの製造・販売開始• 1982年(昭和57年)6月1日 - 河内工場を大阪工場に改称• 企業活動に関する情報を適切かつ公正に開示して、経営の透明性を高めます。 2007年(平成19年)4月 - 中国電線工業株式会社、丸豊電線株式会社を吸収合併• 国内外の法令及び社内規程を遵守し、社会規範や倫理に則って公正な企業活動を行います。

品質・環境方針

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

⚑ 1953年(昭和28年)6月 - 通信ケーブル開発着手• 1955年(昭和30年)9月 - 本社機構を小坂工場から河内工場内に移転• 2017年(平成29年)6月 - 株式追加取得により、立井電線株式会社を完全子会社化• 2007年(平成19年)9月20日 - 大東資材株式会社清算完了• 2019年(平成31年)1月 - 立井電線株式会社、商号をタツタ立井電線株式会社に変更 主要事業所 [ ]• 31 - N-0093-01 株式会社 ダイワ 中央研究所 MLAP事業廃止(2019. 1955年(昭和30年)1月15日 - 河内市市制実施に伴い、若江工場を河内工場と改称• 1943年(昭和18年)8月1日 - 大阪府布施市(東大阪市)に豆陽金属工業所として、非鉄金属の溶解加工を開始• 5809 略称 タツタ 本店所在地 〒578-8585 岩田町2丁目3番1号 設立 (20年) (株式会社豆陽金属工業所) 創業 (18年) (有限会社豆陽金属工業所) 事業内容 事業、材料事業、関連製品事業 代表者 代表取締役兼社長 資本金 66億7600万円 発行済株式総数 70,156,394株 売上高 連結511億79百万円 純資産 連結315億21百万円 総資産 連結421億74百万円 従業員数 連結:852人、単独:521人 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 36. 事業所名称をクリックすることによって、各々の認定内容を閲覧できます。 31 - N-0085-02 2022年3月17日 N-0086-01 2021年3月18日 N-0088-01 2021年3月25日 N-0090-01 一般社団法人 静岡県産業環境センター MLAP事業廃止(2019. また、情報通信用ケーブルとして、光ケーブル、メタル通信ケーブル等の製品を製造している。

15

MLAP認定特定計量証明事業者一覧

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

☎ 1974年(昭和49年)3月 - 小坂工場を小坂倉庫に改称• 1974年(昭和49年)11月 - 福知山工場一部試運転• 関連会社 [ ]• 東京支店 - 1丁目2番4号(住友不動産東新橋ビル6号館6階)• 1979年(昭和54年)12月1日 - 株式会社タツタ電線特品加工設立• 1959年(昭和34年)5月1日 - 株式会社三宅電線製造所、中国電線工業株式会社を吸収合併し、商号を中国電線工業株式会社に変更• 1954年(昭和29年)4月 - タツタバルブ株式会社、営業内容を一新し、商号を近畿伸銅株式会社に変更• 1954年(昭和29年)2月11日 - に上場•。 2002年(平成14年)7月 - 建設・電販向け電線事業を株式会社に営業譲渡• の会員企業である。

19

MLAP認定特定計量証明事業者一覧

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

🌭 2011年(平成23年)3月 - 中国江蘇省、常州に常州拓自達恰依納電線有限公司を設立• 2000年(平成12年)4月 - 電磁波シールドフィルムの販売開始• 2016年(平成28年)11月 - 仙台工場完成• 1966年(昭和41年)9月 - アルミ線工場完成• 7mm径の荒引線連続生産開始• 1950年(昭和25年)4月 - タツタバルブ株式会社を設立(現 中国電線工業株式会社)• 2008年(平成20年)4月 - 福知山工場の名称を京都工場へ変更• 1977年(昭和52年)5月1日 - 技術開発本部に分析センター設置(株式会社タツタ電線分析センターの前身)• 検索又は表示の方法を選んでクリックして下さい。 MLAP認定特定計量証明事業者一覧 認定番号 認定事業所名称 認定の有効期限 N-0012-01 2023年6月24日 N-0013-01 2023年6月24日 N-0015-01 2023年6月24日 N-0016-01 2023年7月24日 N-0017-01 2023年7月24日 N-0018-01 2023年7月24日 N-0020-01 2023年7月24日 N-0021-01 2023年7月24日 N-0022-01 2023年8月21日 N-0028-01 2023年9月19日 N-0031-01 2023年10月20日 N-0032-01 2023年10月20日 N-0033-01 2023年10月20日 N-0034-01 2023年10月20日 N-0035-01 2021年4月13日 N-0036-01 2023年11月12日 N-0038-02 2021年3月11日 N-0039-01 2023年11月24日 N-0040-01 2023年11月24日 N-0044-01 2023年12月10日 N-0046-01 2023年12月10日 N-0048-01 2023年12月10日 N-0049-01 2023年12月10日 N-0050-01 2023年12月15日 N-0052-01 2021年1月15日 N-0054-02 2021年8月5日 N-0057-01 2021年1月15日 N-0060-02 2021年1月7日 N-0061-01 2021年1月26日 N-0062-01 2021年1月26日 N-0063-01 2021年2月3日 N-0064-01 2021年2月3日 N-0065-02 2021年5月25日 N-0066-01 2021年10月13日 N-0068-02 2021年1月22日 N-0070-01 2021年2月3日 N-0072-01 2021年2月24日 N-0074-01 2021年2月24日 N-0077-01 2021年4月13日 N-0078-01 2021年3月11日 N-0080-01 2021年3月11日 N-0081-01 日鉄テクノロジー 株式会社 八幡事業所 MLAP事業廃止(2020. 従業員の人格・個性を尊重し、安全で働きやすい多様性に富んだ職場環境を確保します。 1946年(昭和21年)12月26日 - 商号をタツタ伸銅株式会社に変更• 1963年(昭和38年)12月28日 - 昭和電線電纜株式会社との業務提携覚書に調印(現 株式会社)• 1947年(昭和22年)10月25日 - 熱間圧延設備稼働開始(この日を創立記念日に制定)• これらの他、応用システムとして、温水検知、入退室管理、侵入監視の各システムを取り扱っている。

2

MLAP認定特定計量証明事業者一覧

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

😒 1970年(昭和45年)11月 - 福住町に工場用地購入(計画変更により48年1月売却)• 1970年(昭和45年)11月 - 超高圧試験研究設備完成• 株主、取引先、地域社会等の社外における関係者との間で、健全で良好な関係を築きます。

タツタ電線

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

☭。 。 。

9

MLAP認定特定計量証明事業者一覧

分析 タツタ センター 環境 分析 タツタ センター 環境

😜。 。

15