更級 日記 現代 語 訳。 更級日記の現代語訳をお願いしますそのかへる年~言ふ人ひとりぞある。までですよろ...

【大至急!!】更級日記の現代語訳について。更級日記の次の文の...

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

😘 』とおっしゃったが、 本当に 来るかしら。 東 (ひむがし)・西は海近くて、いとおもしろし。 門を広く押し開けて、人々が立っていましたが 「あれは物詣で人らしいな。

19

更級日記「継母との別れ」原文と現代語訳・解説・問題|平安時代の日記

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

🐾 」と語りなさるのを聞いて、私はとても寂しくなった。 作者はその後、悲しみのうちに孤独な日々を過ごしたことなどを書き記しているため、日記が成立したのは康平2~3年、作者52、3歳のころとされる。 」と言うと(いう夢を)見たが、 人にも語らず、習はむとも思ひかけず、物語のことをのみ心にしめて、 (その夢のことを)人にも話さず、(法華経を)習おうとも心がけず、物語のことだけを深く心に思いこんで、 「われはこのごろわろきぞかし。

更級日記『門出(あこがれ)』現代語訳

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

😝 (いや、何にもならない。 皆人は私たちの宿を狩りの宿などと言うけれど、それでも風が吹くのを避けるために幕を引き渡しなどしているのに、一方乳母の泊まっている宿はというと、夫も連れ添っていないので、たいそう手抜きで雑な感じで、苫というものを一重ふいただけのもので、月の光がそこらじゅうにさし入るので、乳母は紅の衣を上にはおって、つらそうに臥している姿が月の光に照らし出されたその様子は、乳母などという身分の人には無いほど上品に見えて、たいそう白く清らかで、乳母は私と久しぶりにあったので珍しく思って私の頭をかき撫でつつ、泣くのを、たいそう不憫に見捨てがたく思うけれど、急いで兄に連れられて出発していく心の内は、たいそう物足りなくてどうしようもない感じだ。 しかし下総と武蔵の境に流れるのは隅田川。

19

更級日記『門出(あこがれ)』現代語訳

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

⚛ その年の五月の初めに、姉が、子を生んで亡くなってしまった。 見た目がとてもあかぬけしている上に、声までもが比べようがないほど上手く歌いながら、あれほど恐ろしげな山の中に立ち去って行くのを人々は名残惜しく思って皆嘆いた。 思ひわびて、花を折りて遺る。

更級日記 現代語訳・朗読つき 全篇徹底解読

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

🍀 (注)松里の渡り・・・今の千葉県松戸市にあった渡し場 (注)侍従の大納言・・・藤原行成 (二) かくのみ思ひくんじたるを、心も慰めむと、心苦しがりて、母、物語など求めて見せたまふに、げにおのづから慰みゆく。 親が太秦に参籠なさる際も、他の事はお願いせず、ただ物語のことばかりをお願いして、寺から出てきたらすぐにこの物語を終わりまで読んでしまおうと思っているのに、かなえられない。 意味は「しみじみと寂しいのである」。

楽天ブックス: 更級日記 現代語訳付き

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

☘ 男の家を皇居のように造り、姫宮をお住ませなさったのですが、その後、姫宮もお亡くなりになり、その家を寺にしてあったのを、竹芝寺というそうです。

14

更級日記

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

👏 その日は雨にぬれたるものども干し、国に立ち遅れたる人々待つとて、そこに日を暮らしつ。 家の者はだれもまだ都に慣れていない時だったので、物語を見つけ出すこともできない。

11

『更級日記』「猫」の現代語訳と重要な品詞の解説2

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

😋 広々と荒れたる所の、過ぎ来つる山々にも劣らず、大きに恐ろしげなる深山木 (みやまぎ)どものやうにて、都の内とも見えぬ所のさまなり。 と書き加え、壺の薬を添えて、頭中将を呼び寄せて献上させようとした。 しかるべき因縁がちょっとあって、ここの中の君がむやみにしみじみと感じて私のことを思い出しなさるので、ちょっとしばらくここにいたのを、最近、使用人のいる所にいて、たいへんつらいことだ。

10

更級日記 「あづまぢの道の果て」 現代語訳

日記 語 更級 訳 現代 日記 語 更級 訳 現代

✌ 離れた後も乳母のことが脳裏に浮かんできて悲しいので、月を見ていても楽しい気分にはなれず、ふさぎこんで寝てしまった。 【現代語訳】 足柄山というのは、四、五日前から、恐ろしそうなほどに暗い道が続いていた。