袖 ひ ち て むすび し 水 の こ ほれる を 春 立 つけ ふ の 風 や と くらむ。 季語別「蕪村句集」(868句)

紀友則 千人万首

と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風 と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風

💅 しぼめる花の色なくて、にほひ殘れるが如し。 花になく鶯、水にすむ蛙の聲をきけば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。 リンドウ科の多年草。

14

和歌・短歌の意味

と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風 と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風

😋 文琳 (*文屋康秀)巧詠 レ物然其體近 レ俗、如 3賈人之著 2鮮衣 1。 所 下以隨 2民之欲 1擇 中士之才 上也。 あくまでも勝手な鑑賞です(笑)) 【160】. 漢字で表記するときは一般に、いいにおいには「匂い」、 くさいにおいには「臭い」を使用します。

2

880120京都歳時記[花鳥風月]その一

と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風 と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風

😚 『友則集』巻頭歌(詞書は「立春日」)。 【補記】春の訪れを讃美する歌。 秋は「飽き」、人の心もうつろう季節とされたからである。

春たちける日よめる 紀貫之: 古典・詩歌鑑賞(ときどき京都のことも)

と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風 と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風

🤝 【他出】友則集、古今和歌六帖、万代集 哀傷 の朝臣の身まかりにける時に、よみてかの家につかはしける 寝ても見ゆ寝でも見えけりおほかたは空蝉の世ぞ夢にはありける (古今833) 【通釈】寝てもあの人を見ますが、寝なくても面影にあの人が見えるのです。 「木毎 ごと 」に「梅」の字を詠み入れたと見る説は、当時の漢詩摂取の流行からすればあり得べき説ではあるが、古くから否定説もあった。 庭の花木も薫が触れたり通っただけで匂いがぐんと引き立ったとか。

3

駆け出し百人一首(39)袖ひちて掬びし水の凍れるを春立つけふの風やとくらむ(紀貫之)|吉田裕子(国語講師)|note

と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風 と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風

🤗 石 見のや高角山の木の間よりわが振る袖を妹見つらむか 作者:柿本人麻呂(万葉集) 意味:石見の高角山の木の間から、私が振る袖を妻は見ただろうか。 梅の花にほふ春べはくらふ山 闇にこゆれどしるくぞありける(古今集) 紀貫之 大空は梅のにほひに霞みつつ くもりもはてぬ春の夜の月(新古今集) 藤原定家 ワビスケ ワビスケはツバキに近いが,種子が出来ないので接木により殖やします。 京と近江の境をなした。

9

880120京都歳時記[花鳥風月]その一

と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風 と 立 むすび や ふ て 春 ひ の こ ち の くらむ を 袖 水 し つけ ほれる 風

☣ 【補記】この歌は『友則集』に見えないが、『古今和歌六帖』に友則の作としている。

20